資格の取得方法|介護士や医療事務の求人情報を探そう【ネットで情報収集】

介護士の求人情報を集める前に資格取得方法を調べておこう

働くメリット

  • 就職先が豊富
  • 年齢を重ねていても挑戦しやすい
  • 残業があまり無い
  • 休日出勤がほぼ無い
  • シフトを調整すると稼ぎやすい
  • 実力が評価されやすい

実技が免除になることも!

介護士として働くためには、国家試験に合格し資格を取得する必要があります。試験内容は主に筆記試験と実技ですが、指定された期日までに実務者研修をクリアしていると実技試験が免除されることもあります。

資格の取得方法

男女

実務経験を積む

介護士の国家試験を受けるための受験資格を得る方法の一つに、3年間の実務経験を積むという方法があります。3年間実務経験を積み、実務者研修を受けることで受験資格を得ることができます。この方法は、働きながら資格を取得したいという人から人気のある方法です。そのため、求人情報を見て介護士として働きたいが資格を持って居ないという人は、求人している場所に電話をし実務経験を積みたいと伝えてみましょう。

專門学校に通う

福祉関係の高校や專門学校・大学に通いながら介護士の勉強をし受験するのも良い方法です。学校に通いながら介護士について学ぶことで、より専門的な知識を身に付けることができます。また、専門学校ならではの求人情報を紹介してもらうことができるため、学校卒業後すぐに就職できるというメリットがあります。

広告募集中